【染谷俊之】舞台出演情報

舞台「醉いどれ天使」出演決定!

黒澤明と三船敏郎、初タッグ作品の舞台化

日本をはじめ世界中に大きな影響を与えた名匠・黒澤明と、その多くの作品で主演を務めた三船敏郎

後に次々と傑作を生み出すことになる二人が初めてタッグを組んだ映画が「醉いどれ天使」です。

この秋、日本映画史上最強コンビの原点ともいえる作品が、満を持して舞台に蘇ります。

<公演情報>

2021年9月3日(金)~20日(月祝)@明治座(東京)

2021年10月1日(金)~11日(月)@新歌舞伎座(大阪)

【東京公演】

2021年 9月3日(金)~20日(月祝) 劇場:明治座

料金 (税込) S席:14,000円 A席:7,000円

【大阪公演】

2021年10月1日(金)~11日(月) 新歌舞伎座

料金 (税込) S席:14,000円 A席:7,000円 特別席:14,500円

<あらすじ>

戦後の人々が命を燃やすように生きる姿を描き出す

ある夜、ピストルの傷の手当てを受けに、闇市の顔役の松永(桐谷健太)真田(高橋克典)の元へやってくる。 真田は闇市の界隈に住む人々を診る町医者で、酒が好きで口は悪いが、心根は優しく一流の腕の持ち主。顔色が悪く咳込む松永を、診療所で住み込みで働く美代(田畑智子)も心配する。一目見て肺病に侵されていると判断し真田は治療を勧めるが、松永は言うことを聞かずに診療所を飛び出し、居酒屋で働く同郷の幼馴染ぎん(佐々木希)の元を訪れ、闇市の様子を見回るのだった。 しかし、着々と病魔が松永を蝕み、ダンサーの奈々江(篠田麻里子)は彼から離れていく。一方、松永の身を案じるぎんは、心の内で松永への想いが膨らんでいく。 戦後の混乱の中、松永の采配によって落ち着きを保っていた闇市だったが、松永の兄貴分の岡田(髙嶋政宏)が出所し、闇の世界の力関係に変化が起きていくのであった

詳しくはHPをご覧下さい!

https://www.yoidoretenshi.jp/

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts